ケアハウスについて知っておこう。

どんな場所なのか?

ケアハウスについて知っておこう。

 

ケアハウスは、国の施策もあって近年一気に数が増加した福祉施設です。
軽費老人ホームの一種で、C型などと称されることもあります。

 

居室は原則として一人用の個室で、マンションのようなつくりになっていますが、
食堂や浴室、洗濯室といった共同設備も備えつけられています。生活は比較的自由ですが、
食事は三食提供されますし、施設長、生活相談員、調理員、介護職員といった職員が配置されており、
必要に応じて生活面の支援を受けることができます。

ほかの軽費老人ホームとはどう違うのか

システムは、軽費老人ホームA型とほぼ同じです。

 

大きな違いは、低所得の人向けで入居一時金などが必要ないA型に比べ、ケアハウスでは家賃が必要になるということです。

 

入居時に家賃の前納として入居一時金を徴収している所も多く、ある程度資力がないと入居できません。

 

ただ、その分所得制限はありませんし、施設数もA型より多くなっているので、A型よりも入居先を見つけるのは容易でしよう。

どのような人が対象なのか

ケアハウスの入居対象となるのは、次のような条件を満たす人です。

 

・60歳以上(夫婦の場合はどちらか一方が60歳以上なら入居可能)であること。
・身体の機能が低下しているなどの事情で自立して生活することに不安があること。
 ただし、食事や入浴、着がえなど身の回りのことは自分でできること。
・家族などの援助を受けることが難しいこと。

 

このほか、運営主体が市町村などの地方自治体の場合は、その自治体に居住していることが条件とされている場合があります。
条件については、所得制限を除いて軽費老人ホームとほぼ同じです。
また、入居一時金を徴収している施設の場合、それを支払えるだけの資力が必要になります。

入居するには

入居に際しては、希望者と各施設が直接契約をすることになっています。
希望者が入居対象の条件に合致しており、かつ施設に空きがあれば入居することができます。

 

ケアハウスの場合、入居時に入居一時金を徴収する施設が多いのですが、
入居一時金は家賃の前払いとして納付するものですので、
入居期間が短ければ、退去する際に入居期間分を差し引いた額を返金してもらうことができます。

 

なお、ケアハウスの所在地などの情報は、各自治体の高齢者関係窓口に問い合わせれば入手することができますし
、インターネットなどにも掲載されています。

費用はどのくらいかかるのか

ケアハウスの場合、家賃の負担が必要です。徴収の方法としては、
入居一時金として数年分、たとえば20年分の一括納付を求めるところと、
一部の納付を求めるところ、月々の分納にしているところがあります。

 

一括納付すれば、月々の家賃は必要ありませんが、一部納付、
分割納付の場合は家賃もしくは管理費などの名目で月に数千円〜数万円が徴収されることになります。
なお、家賃の額は建築にかかった費用などから算出されるため、施設によって異なりますが、中には入居時に1000万円以上の入居一時金を納めなければならない施設もあるようです。

 

さらに、他の軽費老人ホームと同様、月々の生活費と事務費が必要になります。
額については国が基準を定めています。生活費の額は施設の規模や所在地によって異なりますが、
おおむね月4万円前後で、冬季には暖房代等を別途徴収する施設もあります。

 

事務費については所得額に応じて負担することとされており、年収150万円以下の人であれば本人からの徴収額は月1万円です。

医療機関や介護などについてはどなっているのか

医療機関については、嘱託医や提携病院を持っているところがほとんどですが、
かかりつけ医や提携外の病院に行くことも可能です。

 

介護については、原則としてケアハウスは介護施設ではありませんので、
介護が必要な場合には在宅時と同様、外部の介護事業者と契約して在宅介護サービスを利用することになります。

 

ただ、最近は「特定施設入居者生活介護」の指定を受けて、
施設の職員が介護サービスを提供する介護つきケアハウスも増えてきています。

 

なお、重度の介護が必要になったり、認知症などでほかの入居者との共同生活に支障が出るような状態になった場合には、
転居を求められることが多いようです。

日常生活には支障がないのか

ケアハウスは比較的元気な高齢者が入居する施設ですから、プライバシーもある程度守られていますし、
かなり自由に生活することができます。

 

外出、外泊、通勤なども自由ですから、日常生活に大きな支障はないでしょう。
ただ、施設での共同生活である以上、食事を食べないときは事前に伝える、
他の入居者に迷惑をかけないなど、守らなければならないルールはあります。

 

また、入浴については毎日は入れないこともありますので、気になる場合は確認しておきましょう。

 

参考図書