有料老人ホームと公共施設の違い

自宅以外の場所を選択する利用とは

多くの人は、年齢を重ねても住みなれた自宅に住んでいます。
思い出もたくさんありますし、なじみの店や顔見知りも多いその場所に、
できることならそのまま最後まで住んでいたいという気持ちの表れでしょう。

 

しかし、中には高齢になって自宅以外の場所に居を移す人もいます。

 

その理由としては、
心身に不調をきたして自宅での生活が困難になり、
やむを得ずという「消極型」と、自身の老後の生活をより豊かなものにするために、
住みたい場所をみずから選ぶという「積極型」があります。

公的な施設では「消極型」が多い

いわゆる老人ホームには、地方自治体または社会福祉法人、
財団法人、医療法人など非営利団体が設置している公的な老人福祉施設と、
非営利団体だけでなく、営利法人も運営することができる有料老人ホームがあります。

 

公的な老人福祉施設には、
特別養護老人ホームや養護老人ホーム、
軽費老人ホームといったところがあります。
参考:軽費老人ホームについて知っておこう。

 

これらの公的施設は介護保険からの給付や行政からの
助成金などによって運営されているため、
入居者の負担は安価ですみますし、介護などのサービス体制も充実していますが、
その分入居の要件は厳しく、要介護度が高い、
介護者がいないなど緊急性の高い人が優先される傾向にあります。

 

このため、本人よりも家族などの意向で入居先を探す
「消極型」の高齢者が入居することが多くなります。

有料老人ホームとは

一方、有料老人ホームとは、
民間企業や社会福祉法人が運営する高齢者向けの住宅です。

 

営利法人もあらかじめ都道府県に届出を提出し、
経営状況などについて都道府県知事に毎年報告すれば、
有料老人ホームを経営することができます。

 

民間の有料老人ホームには、
身体的障害や環境上の理由というよりも、
自らの意思で老後生活をより快適に過ごしたいという
「積極型」の高齢者を対象とするところもたくさんあります。

 

事業者は高齢者のニーズに合うよう、
眺望や温浴施設・娯楽施設などの設備、高級な食事やイベントの提供など、
さまざまなサービスを準備して差別化を図っています。

 

利用申込みは直接施設に行い、
利用負担については設置者との契約によります。

どのようなタイプがあるのか

サービス提供の形態としては、次のようなものがあります。

 

@ 介護つき

 

「特定施設入居者生活介護事業者」の指定を受け、介護などのサー
ビスを提供するホームです。要介護の状態になっても、
介護保険を使って施設の介護サービスを受けながらそのまま居住を続けることができます。

 

施設内の職員が介護などを行う「一般型」と、
介護サービス計画などを施設内で作成し、
介護などは施設が外部業者に委託する「外部サービス利用型」があります。

 

A 住宅型

 

生活支援などのサービスを提供するホームです。
介護サービスを提供するところもありますが、
施設で提供される介護サービスは自己負担となります。

 

ただ、入居者が外部の居宅介護支援事業所と契約し、
介護保険を使って介護サービスを受けながら居住を続けることはできます。

 

B 健康型

 

食事などのサービスを提供するホームです。
健康な人が対象のため、要介護の状態になると退居しなければなりません。

 

C 混合型

 

健康型と介護つきなど、違うタイプが併設されているホームです。
また、有料老人ホームの居住の権利形態としては、次のようなものがあります。

 

1.利用権方式
入居一時金を支払ってホームの居室や設備、
介護サービスなどを利用する権利を購入する契約です。
多くの有料老人ホームはこの方式を採用しています。
参考:入居一時金を巡る問題について知る。

 

2.建物賃貸借方式
ホームの居住部分について賃貸借する契約です。
介護などのサービスは別契約となります。

 

3.終身建物賃貸借方式
ホームの居住部分について生涯にわたって
賃貸借する権利を保証する契約です。

どんなときに有料老人ホームを選ぶ

自宅での生活をやめて老人ホームでの生活を始めるにあたって、
「有料老人ホーム」を選択するのはどのようなときでしょうか。

 

まず、
前述したように高齢者自身が自分の快適さを優先して住む場所を選ぶ場合が挙げられます。

 

有料老人ホームはその立地や設備、提供されるサービスの内容など千差万別で、
自分の好みや経済状況、心身の状態や家族関係などの条件に合わせて選ぶことができます。

 

公的施設ではそのような自由はなかなか望めませんし、
高齢者向け賃貸住宅では十分なサービス提供が受けられるとは限りませんから、
このような場合には有料老人ホームを選択するのが妥当でしょう。
参考:高齢者向け住宅について知っておこう

 

また、突然要介護状態になってすぐにも
入居先が必要という場合にも有料老人ホームは適しています。
参考:介護保険が利用できる為の条件は?

 

公的施設は緊急性が高い人を優先してくれますが、
空きがなければ待機せざるを得ません。

 

その点、有料老人ホームならすぐに入居できるところもたくさんあります。

 

参考図書