要介護状態で入居できる老人ホーム

介護保険施設などがある

要介護状態になった高齢者が入居できる老人ホームを探す場合、
必要な介護サービスを受けられる施設への入居を検討することになります。
参考:介護保険が利用できる為の条件は?

 

このため、多くの人が介護保険施設を利用することになります。
介護保険施設には、次のような種類があります。

 

@ 特別養護老人ホ…ム(介護老人福祉施設)

 

「老人ホーム」と言われて多くの人が真っ先にイメージするのが、
この特養でしよう。長期居住を目的とした施設で、以前は4人部屋が一般的でしたが、
現在は個室も多く整備され、個別ケア中心の介護が提供されるようになっています。

 

入所対象になるのは、65歳以上の高齢者で、
心身に著しい障害があるために常時介護を必要とし、
かつ居宅で介護を受けることが困難な人とされています。

 

要介護度1以上から入居可能とされていますが、
緊急性の高い人から入居することになっているため、
現在は要介護度4、 5という重介護を必要とする人が入居者の大半を占めています。

 

常時専門の介護者が配置され、食事や入浴、
排せつなどの日常生活の世話や機能訓練、
レクリエーションなどの介護サービスを受けることができます。

 

介護サービスの内容は、施設のケアマネジャーが作成したケアプランによって決定されます。

 

A 老人保健施設

 

医療機関から自宅に戻るまでのつなぎの居場所となる施設です。
医師の管理のもと、医療的看護が行われるほか、
食事や入浴などの日常生活の介護、
自宅での生活をめざしたリハビリテーションなどを受けることができます。

 

入所対象になるのは、病気の治療が終了し、
心身の状態は安定しているものの、
自宅に帰って日常生活を送るのがまだ難しいという要介護1以上、65歳以上の高齢者とされています。

 

老人保健施設は居住のための施設ではなく、
あくまで在宅復帰をめざす「中間施設」という位置づけです。

 

このため3か月ごとに在宅での生活が可能かどうかといった
見直しが行われることになっています。

 

B 介護療養型医療施設

 

いわゆる「老人病院」です。
65歳以上、要介護度1以上で、
病状が安定していれば受け入れてもらえるので、これまで自宅にも帰れず、
入居できる施設もないという高齢者の受け皿として利用されてきました。

 

介護療養型医療施設は、平成24年3月末で廃止を予定していましたが、
廃止の延期について議論されている状況です。

 

これらの介護保険施設は、
今後介護が必要な高齢者がふえてくれば、
ますます入所要件が厳しくなってくると言われています。

 

要介護度が低かったり、経済的に余裕がある人の場合、
緊急性が低いと判断され、すぐには入所先が見つからないという事態が想定されますので、
介護者がいない単身者や、老々介護になる高齢者のみ世帯の場合、
健康なうちから介護つきの有料老人ホームに入所しておく、
要介護1以上の高齢者だけを受け入れる「介護専用型」のホームを探しておく、
などの準備をしておくことも必要でしよう。

 

このほかの施設としては、認知症対応のグループホームがあります。

 

5〜 9人の少人数の入居者が共同で生活する場で、
施設職員が食事や入浴等の日常生活支援サービスを提供しますが、
身体的には問題のない人も多いので、入居者もある程度家事などの作業を行います。

 

入居対象となるのは、
65歳以上で、要介護度1以上の認知症の症状を持つ人です。
ただし、認知症の症状が比較的安定していて、共同生活に支障がないことが条件となります。

 

参考図書