有料老人ホームのメリット

有料老人ホームの利点

有料老人ホームのメリット

 

色々老後の住まいがある中で、本サイトであげる「有料老人ホーム」とは、
単なる住居ではなく、そこに計画された生活システムによって、
経済」「健康」「孤独」という老後の三大不安から解放されて過ごせる商品です。

 

これは単に住宅があるだけとう事だけでは得られないメリットなのです。

 

病気になったときの不安の家事も手間もなく、
思う存分m本当にやりたかった事にまい進できるのも有料老人ホームです。

 

もし、自宅に住んだままで夜中に緊急の自他になっても、

 

現在の生活では近隣の家族がかけつけてくれる事はまずありません。

 

倒れた本人はもとより家族も目の前で倒れている人の介抱に手いっぱいで、
救急車をよぶ余力がないときもあるのです。

 

 

経済面に関してですが、
有料老人ホームは多くの場合、入居一時金を支払って入居する「権利」を得ます。

 

償却が終了しても、追加の家賃は必要ないので、入居一時金を支払ったあとは、
毎月の諸費用を支払えば、寿命のある限りホームで暮らし続けることができます。
(追い出さられる事はありません

 

ですから、毎月の諸費用のお金さえ手当できれば、以後の心配は無用といえます。

 

実際に入居者からは、
「街に住んでいた時よりもお金がかからない。だってここには何でもあるからね。」
といった声がよく聞かれます。

 

安くて美味しい食事、住まいのお金は払ってある、服はさほど必要ない。
なにより治安の心配がなく、入居者同時の交際にとくにお金はかからないといった具合です。
※最近増えている「月払い方式」はこの限りではありません。

健康不安がない

有料老人ホームでは日中が必ず看護師が常駐しています。
ですから、健康相談は随時行われています。

 

例えば、微熱があって直ちに受診した方が良いとか、
あるいは様子を見た方が良いかなどその判断がつきにくい場合は看護師に相談できます。
年に2階の健康診断もあります。

 

病気はなんでも早期発見、早期治療が鉄則です。
通院も職員が付き添ってくれますから、医師に関しても安心ですね。

 

夜中に病状が悪化しても、ナースコールを推せば当直の職員が部屋に来てくれ、すぐに対応が可能です。

 

ここが有料老人ホームの1つのメリットです。

 

また、高齢期において快適な暮らしに必要な住まいの条件は「手すり」「段差の解消」「広い廊下」の3点です。
有料老人ホームならその3点が備えられています。

孤独にならない

多くの高齢者が一番気にしていることは「孤独死」です。

 

一般のマンションや団地では、毎年多くの孤独死が増えています。

 

自分が死後数か月経ってから発見される、そんな事などはみっともなくて、
それだけは避けたいというのが多くの人の願いになっています。

 

有料老人ホームならその心配はいりません。
有料老人ホームには生活のリズムセンサーが各居室に設置されていて、
12時間トイレの動作が確認できない、あるいは水を使用しないと警報が鳴り、
直ちに職員が駆けつけてくれます。

 

孤独死とは無縁だし、苦しいのに助けが来ないなどという事はありません。

 

参考図書