私が老人ホームについては思うこと

私が老人ホームについて思うこと

30代の主婦です。老人ホームについて、私がいつも思うことがあります。

 

それは、ホームで働いている職員さん達の処遇についてです。

 

私も学生時代に授業の一環で、施設を見学したことがあります。

 

現場を見ると、実際に働かれているスタッフさん達の苦労がすごいことがわかりました。

 

特に大変だなと感じたのは、排泄の介助と患者さんの移動介助でした。

 

排泄介助の大変さについては、皆さんがイメージしている通りだと思います。

 

小さい子どもの排泄介助ならまだしも、大きな大人の排泄介助はかなり抵抗がありますし、臭いも凄くキツイです。
ときには手に付くことだってあります。

 

移動介助の時についても、自分の体より何倍も大きい男性の患者さんを1人で抱えて運ばれていました。

 

あの様な負担の大きい作業を毎日繰り返しやっていたら、すぐ腰痛になりそうです。

 

けれど、これだけきつい作業を淡々とこなしているにもかかわらず、スタッフの皆さんはみんな笑顔なんです。

 

私は正直すごいと思いました。

 

こんなにきつい仕事、かつ世の中に必要な仕事をしているのに、

 

なぜもっと給料が上がらないんだろうと本当に疑問に思いました。

 

労働に対して待遇があまりにも見合っていない気がします。

 

老人ホームで働くスタッフの皆さんの待遇について、もっと改善する必要があると私はいつも思います。