ホーム選びには家族の理解が大事

入居者と家族の関係

ホーム選びには家族の理解が大事

 

入居するご本人はホームへの入居に前向きでも、家族がなかなか前向きになれない事は多いです。

 

自分の親を家から追い出す様で罪悪感を感じたり、親戚の目を気にしたりで入居させるのをためらう方もいます。

 

家族が面会にいく事を考えて近場のホームに入居させたくても、
費用の問題から実現できないなど、支える家族にも様々な葛藤が生じます。

 

”親戚の手前、あまり安い老人ホームを選ぶと恰好がつかないから、
ある程度高めのホームを選んだら、かえって悪質なホームだと分かった。”

 

”相続金が減るのを気にして、本人の希望とは違うホームに入れた”

 

など、入居者と家族の関係によってホーム選びが左右されてしまって失敗するケースも多いのです。

老人ホーム選びは入居の目線で考える

入居者の家族の視点にたって、改めて良い老人ホーム選びとは何かを考えてみましょう。

 

ホーム選びもっとも優先すべき事はなんでしょうか?

 

家族の都合?入居する親の安心・安全は暮らし?

 

家族の住まいから遠いホームであっても、良いところを選んだ人たちからは、
”老人ホームは一切自由がきかず、周りは重介護で話もできない人ばかりで、暗く、寂しいところだと思っていたけど、
実際に入居してみると楽しく便利でこれならもっと早くから入っていれば良かった”
という話も聞きます。

 

そうであれば、まずは入居者の性格、趣味、望みに合ったホーム、
より良心的なホームを最優先に選び事がもっとも重要です。

 

そして、親が老人ホームに入居した後で、自分は一体どんな関わりを持てるのか?を考えていきましょう。

 

資金援助ができるのかできないのか、頻繁に面会に行けるのか、それとも1年に2回が限度なのか。
入居者と家族の間でしっかり話し合いましょう。

家族が勉強する事も大事

老人ホームを選び時は、家族も勉強する必要があります。

 

親のことをよく理解するとともに、
一緒に施設見学に行って、家族も入居者と食事をしたり、レクリエーションに参加したりしてはどうでしょうか。

 

また、宿泊体験してみる事で、親の意外な一面を見る事ができるかもしれません。
その上で”このホームが良い”となったら、家から多少遠くても頑張って面会に行けば良い事です。

 

大抵の親は、子供に迷惑をかけたくないと思っています。
有料老人ホームを選ぶ高齢者の多くは子供に資金負担を頼るケースは1割にも満たない程。

 

お墓も自分で用意して葬式代も要して、という方がほとんどなのです。

 

だからこそ資金計画は慎重にする必要があります。

 

年金以外に収入が無い人にとっては手持ちの資金が全てです。
親のたいせつな資産が1円でも無駄にならない様に、
ホームとの交渉役となってサポートしてあげるのも子供の役目といえます。

 

有料老人ホームでは、年に1回か2回、多いところは月1回程度で
入居からの不満・要望やクレームなど生活改善を聞く運営懇親会を開いています。
入居者全員を集めて行う株主総会のようなもです。

 

そこにはホームの経営者も出席します。
できればそういう場所に家族も参加して、老親が言いづらいところをフォローしてあげると、
自分の親だけでなく、他の入居者からも喜ばれるでしょう。

 

もちろん、そうした細かいサポートができないからこそ、
ホームに親を預けるのだという人もいるかと思います。

 

地方や海外への転勤によって親のホーム選びを手伝えずに困っている人もおり。
そういった人は老人ホームの入居支援センターなどに相談して、サポートを受けたりしています。

 

ただ、離れて暮らしているからこそ、家族との連絡を絶やさず親の様子が手に取る様に分かるホームでないと困ります。
緊急時に夜中でも連絡がつくホームでなければ安心できないでしょう。

 

親のためには自分が何ができるのか。
親は自分にどうして欲しいのか、一歩先を予測してみると入るべきホームが見えてくると思います。