今後の老人ホームの質の低下が懸念されます

今後の老人ホームの質の低下が懸念されます

今後の老人ホームの質の低下が懸念されます

 

国民の平均寿命が延びている事により、高齢化社会が進行して、そのお年寄りが入所する為の老人ホームの建設ラッシュとなっています。

 

今は未婚化や核家族化などで、老後に面倒を見てくれる家族がいない人が増えて来ており、老人ホームに入所せざるを得ない状況になって来ているのです。

 

ですから単に長生きなさるお年寄りが増えたと言うだけでなく、このような理由からも老人ホームの数を増やさざるを得なくなっているのです。

 

しかし老人ホームは建物だけでは役に立ちません。

 

そこで働く職員がいて、やっと老人ホームは運営できるのです。

 

建物は材料があれば直ぐに建てられますが、職員は簡単に増やす事は出来ません。

 

老人ホームの職員はお年寄りのお世話をしますから、それなりの知識と技術を要する事になります。

 

ですから老人ホームの職員は、誰にもできる訳ではありません。

 

これだけ急ピッチで老人ホームの建設が続くと、そこで働く職員の養成が追い付かない恐れがあります。

 

なので今後、老人ホームの職員の質の低下が懸念されます。