老人ホームの大まかな一日の流れ

タイムテーブルに沿って具体例で見てみましょう。

 

有料老人ホームに入居すると、
1日の過ごし方はどのような感じなのでしょうか。

 

もちろんその内容はホームによってかなり違ってきますが、
一般的な流れはおおむね次のような形になっているようです。

 

6時:起床
7時:朝食
9時:バイタルチェック
10時:体操、レクリエーション、入浴など
12時:昼食
14時:クラブ活動、レクリエーションなど
15時:おやつ
18時:夕食
21時:就寝準備

 

@ 起床
一応の起床時間はあるようですが、有料老人ホームの場合、無理に起こすようなことはしません。
ただ、起床時の着がえや洗顔といった行為について手伝いが必要な人もいますので、
ある程度時間を決めて職員が居室を回るということは行われています。

 

このほか、起床時には水分補給、排せつ介助といったことが行われます。

 

A 朝食。昼食・夕食
食事は食堂で集まって取るところが多いようです。一斉に食べ始めるところもありますが、
提供開始時間と提供終了時間だけを決めて、準備のできた人から集まってきて食事をするというところもあります。
食事については、持病の有無や身体機能の状態などを考慮して、
それぞれに合ったものが用意されるようになっており、必要な人には職員が介助をしてくれます。

 

B バイタルチェック
入浴やレクリエーションの前に、看護師が体温測定や血圧測定など
のバイタルチェックを行い、身体状態を確認します。

 

C 入浴、体操など
入浴は曜日や時間帯を決めて昼間に行っているところが多いようです。
このほか、日中の過ごし方として、認知症予防のクイズや体操などを行うホームもあります。
参加は強制しない場合も多く、部屋に戻って自分の時間を過ごしたり、
ロビーで入居者同士おしゃべりを楽しんだりすることもできます。

 

D クラブ活動、レクリエーション
クラブ活動やレクリエーションを積極的に行っているホームもたくさんあります。
内容はホームによってさまざまで、入居者同士で社交ダンスやカラオケを楽しんだり、
講師を招いて絵画や陶芸の教室を開いたりするところもあります。

 

E おやつ
食事のほかに、おやつタイムを設けているところもあります。
甘いものが好きではないという人もいるので、水分補給だけして、
おやつを食べるかどうかは本人の意思に任せるという場合もあります。

 

F 就寝準備
有料老人ホームの場合、ほとんどが個室だということもあり、
就寝時間などは特に決めていないというところも多いようです。
ただ、共用スペースの消灯時間などは決められている場合があります。
このときも、着がえや排せつなどに介助が必要な人に対しては、職員が巡回して手伝いをします。

 

 

このように、有料老人ホームでは、できるだけ入居者が部屋に開じこもることがないよう、
食事のたびに食堂に来てもらったり、体を動かす機会をつくるためにレクリエーションを用意するなどの工夫をしています。

 

ただ、参加を無理強いするようなことはなく、比較的自由に過ごすことが認められています。

 

介護が必要な状態になると、職員体制などの問題で、
入浴や排せつなどを自分のタイミングでできない場合があります。
このような点に関しても、事前に確認しておくとよいでしょう。

 

このほか、月に数回は施設の外に出かける遠足や、
誕生会、ひなまつりやクリスマスといった季節ごとの行事、音楽療法、 ドッグセラピーといったイベントが企画、実行されています。

 

参考図書