有料老人ホームにかかる費用について知る。

有料老人ホームにかかる料金の種類

有料老人ホームを選ぶにあたっては、料金も重要なポイントとなります。
有料老人ホームの入居にかかるおもな費用としては、次のようなものがあります。

 

@入居一時金……入居時に一括して支払う前払金。
A月額利用料……月々支払う費用。
Bその他……介護サービスの自己負担費用やオムツなどの消耗品費、レクリエーション費など。

 

 

ほとんどの有料老人ホームでは入居一時金の納付が必要とされていますが、
最近では「入居一時金ゼロ」を掲げるホームも徐々にふえてきています。
入居一時金の詳細については後述します。

月額利用料が必要になる

有料老人ホームに入居すると通常、 1か月ごとに支払う月額利用料金がかかります。

 

有料老人ホームの中には、家賃相当分として入居一時金を受け取り、
その後の月々の家賃は取らないというところもありますが、
介護スタッフに対する賃金や、食費、風呂、電気などにかかる光熱水費といった費用がかかるため、
月額利用料金の支払いが必要になるのです。

 

入居一時金がない、もしくは低く設定されている施設では、
家賃に相当する額も月額利用料に上乗せされるため、月額利用料が高めになります。

 

月額利用料は、平均すると20万円ぐらいですが、老人ホームの存在する地域によっても金額は異なります。
実際のところ入居一時金や月額利用料金の金額は地域によって差があり、関東や近畿が高い傾向にあるようです。

その他の費用とはどんなものか

ホームで生活するために必要な月額利用料は、入居者全員が負担することになる費用ですが、
そのほかにも個々の事情によって必要になる費用があります。

 

たとえば生け花やカラオケなどのクラブに入会する場合、
入会費や参加費などが必要になりますし、通院や買い物の付き添いを頼む場合はその分の費用がかかります。

 

このほか、

 

「決まった回数の掃除やシーツ交換を上乗せして行ってほしい」

 

「通常の食事に好みのものを一品加えてほしい」

 

などの希望がある場合には、その費用も自己負担になります。

介護上乗せ費用について

介護が必要な状態になると、月額利用料に加えて介護サービス費の負担が必要になります。

 

有料老人ホームにかかるおもな費用

項目

費用の内容と注意点

入居申込金 部屋の予約の際に要求されることがあるが、不当に高額の場合には入居を再検討した方がよい。
入居一時金 家賃や共有部分の利用権を取得するための費用。1000万円を超えることもあるので途中で退去した場合の取扱いを聞いておくこと。
月額利用料 家賃・食費・管理費の3つをあわせたもの。光熱費や電話代の支払いが別途必要になるのかについて確認すること。
介護関連費用 介護保険の自己負担部分やオムツ代。介護保険のきかないサービスを受けた場合にはその費用。
個別のサービス料 老人ホーム内でのイベントやレクリエーションに参加する場合にかかる費用。

 

介護保険が適用される介護サービスの場合、
利用者は介護サービス費の1割を負担すればよいわけですが、
看護師や介護士について、最低基準以上の人数を配置しているホームの場合、
これに加えて「介護上乗せ費用」がかかることがあります。

 

介護上乗せ費用とは、介護保険の給付分を超えて必要になる人件費などの費用のことです。

 

配置された看護師や介護士は、ホーム全体に対して業務を行いますので、
要介護者だけでなく、健康な人も介護上乗せ費用を負担することになります。
この場合、生活支援サービス費などの名目が使用されることもあります。

 

介護上乗せ費用については、月額利用料に含まれる場合もあれば、
入居時に一括して支払う場合もあります。

 

また、要介護度によって金額に差があるところもあれば、
一律定額のところもありますので、内訳を確認しておくべきでしよう。

 

スタッフの配置と介護上乗せ費用

有料老人ホームにかかる費用について知る。

 

参考図書