入居一時金を巡る問題について知る。

入居一時金てなに??

入居一時金とは、施設に居住する権利を取得するための費用です。

 

賃貸マンションでいうところの礼金にあたり、入居時に一括して支払うことになります。
賃貸マンションでは、礼金を払った後も継続して家賃を支払うことが必要ですが、
有料老人ホームでは、入居一時金を払うことで、家賃を支払わなくてよくなるホームもあります。

 

家賃に相当する額を、前払いで支払っていると考えればよいでしょう。
入居一時金の金額は0円のホームから、1000万円を超えるホームまでさまざまです。

どんな点に注意すねばよいのか?

入居一時金をめぐっては、さまざまなトラブルが起こっています。

 

特に多額の入居一時金が必要な有料老人ホームを選択する場合、
トラブルに巻き込まれることによってその後の人生が大きく変わってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

 

具体的には次のような点について、契約前に十分確認しておくべきでしよう。

 

・入居一時金と月額利用料の関係はどのようになっているか
・退去時の入居一時金の取り扱いはどのようになっているか

 

晏1入居一時金はゼロになるのか

有料老人ホームの中には、一時金方式をとらず、
入居一時金をゼロに設定しているところがあります。

 

ただし、入居一時金をゼロにしているところでは、
その分月額利用料金が高くなっています。
このしくみは月払い方式と呼ばれています。

 

月払い方式にした場合の月額利用料金は、平均で20〜 30万円くらいが相場です。

 

ただし、月払い方式は、誰でも利用できる制度ではなく、
有料老人ホームに入居した地点で要介護認定を受けている人のみが利用できる料金支払方式です。

 

一見すると得するように見える月払い方式ですが、
トータルで支払うお金が減るとは限りません。

 

実際はホームに長く居れば居るほど、月払い方式の方が負担は大きくなります。

 

結局のところ、入居一時金ゼロといっても、月額利用料金が高くなっているため、
トータルで見れば入居一時金と同等、もしくはそれ以上のお金を請求されることもありますので、
一度入居期間によって負担がどの程度になるのかを計算してみてください。

入居一時金は戻ることもある

入居した有料老人ホームを短期間で退去する場合、
支払った高額の入居一時金はどうなるのでしようか。

 

通常は償却期間内の退居であれば、一部返還を受けることができます。

 

償却期間は、数年〜20年くらいが相場です。

 

たとえば償却期間が10年のホームに1000万円の入居一時金を支払って入居し、
3年で退居したという場合、 1年に100万円ずつ償却されますが、
3年後には700万円の返還を受けることができるわけです。

 

ただし、多くのホームは初期償却という制度を設けています。
これは、入居時点で一定額を償却してしまうというものです。

 

たとえば前述した例で初期償却30%がかかっている場合、
入居の段階で300万円が償却されてしまいますから、
3年後に返還を受けることができるのは490万円ということになります。

 

初期償却の率や償却期間については、ホームによって規定が異なります。
中には「入居時に10割償却をするので退居返還金はない」という規定を設けているホームもありますので、注意してください。

 

なお、有料老人ホームの場合、入居から90日以内であれば無条件に解約でき、
入居一時金などの前払金は、滞在期間中の食費や居室利用料などの
費用を除いて全額返還されるという短期解約特例(クーリング・オフ)の制度を設けるよう、厚生労働省が指導しています。

 

この制度について、パンフレットなどに記載がない場合、
悪質な業者である可能性がありますので、必ず確認しておきましょう。

途中で退去した場合はどうなる

入居一時金を返還する際、ホーム側は初期償却という制度を利用します。
ホーム側は高齢者を迎えるため、事前にさまざまな準備を行っています。

 

その分の費用として、一定の金額は返還しなくてよいことになっているのです。

 

初期償却制度では、初期償却率が設定されています。
初期償却率は各ホームによって異なりますが、平均すると約20%が相場です。
たとえば、入居一時金が200万円で、初期償却率が20%、償却期間が4年の有料老人ホームに入居したとしましょう。

 

まず、初期償却率分の40万円が入居した地点で頭取りされます。
償却期間が4年なので、160÷ 4=40で、
1年当たりに割り当てられる入居一時金は40万円です。

 

入居して1年後に出て行った場合に戻ってくるお金は160-40=120万円、
2年後に出て行った場合は160-80=80万円、 3年後に出て行った場合は160-120=40万円、
4年後はゼロです。

 

入居一時金が戻ってくるのは、途中でホームを出て行った場合だけではありません。
入居者が亡くなってしまった場合、ホームがつぶれてしまった場合にもお金の返還を請求することができます。

 

入居者が亡くなってしまった場合、入居一時金の償却期間内であれば、
途中退居と同じように入居一時金の一部が戻ってきます。

 

また、入居者の所有物は身元引受人が引き取ることになっています。
ホームがつぶれてしまった場合も、途中退居と同じように入居一時金の一部が戻ってきます。

 

なお、平成18年4月1日以降に設置された有料老人ホームについては
入居一時金など前払金の保全措置をとることがホーム側に義務付けられているのですが、
それ以前に設置された老人ホームについてはそのような措置(ホームが倒産した場合に備えて資金を蓄えておくこと)をとっていないこともあるので、
この点についてもあらかじめ調べておく必要があります。

 

参考図書