有料老人ホームとはどんな施設なのか知る。

公的施設への入居は難しいのが実情

有料老人ホームとはどんな施設なのか知る。

 

老人ホームヘの入居を希望する高齢者には介護を必要とする人が多くいます。
すでに介護が必要な高齢者が入居できる住宅・施設には、

 

@特別養護老人ホーム
A介護老人保健施設
B認知症高齢者グループホーム(認知症対応型共同生活介護)
C有料老人ホーム

 

があります。

 

介護施設を探すにあたっては、民間の有料老人ホームよりも費用の安い公的な施設への入所を希望する人が多いようです。
ただ、特別養護老人ホームヘの入所は介護の必要性の高い人が優先されるため、
実際のところ要介護認定3〜 5の人でないと入所は難しいのが実情です。

 

介護老人保健施設は、要介護者が再び自立するためのリハビリを目的とした施設であるため、
入所可能な期間は3か月程度です。

 

特別養護老人ホームの順番待ちをしている人が、介護老人保健施設を転々とする、というケースも実態として多いようです。

 

また、認知症高齢者グループホームは、
5〜 9人の認知症高齢者が専門の介護者であるヘルパーのケアを受けながら生活する施設ですので、
認知症以外の人は入所することはできません。

入居しやすい施設は有料老人ホーム

公的介護施設への入居が難しい事情をふまえると、
民間の有料老人ホームヘの入居を検討せざるを得ないのが実情でしよう。

 

かつては、有料老人ホームの入居費用は高額で、
お金持ちしか入れないというイメージがありましたが、
近年は高齢化社会への移行に伴い一般の高齢者でも入居しやすいよう費用も低下傾向にあります。

 

そのため現在有料老人ホームに入居している人は、
決して特別なお金持ちばかりというわけではありません。

有料老人ホームのサービス形態

有料老人ホームにはさまざまな形態があり、料金も施設によって異なるため、
施設を探す人にとっては実態がわかりにくくなっています。

 

有料老人ホームは、サービス形態により健康型住宅型介護つき(一般型)
介護つき(外部サービス利用型)の4種類があります。

 

健康型は、介護が不要で健康な高齢者を対象とした施設で、
食事や入浴などのサービスがあります。

 

介護が必要となった場合には、退居しなければなりません。
ただし、介護つきホームと提携している施設では、
介護が必要になった際には介護つきのホームに移れるシステムになっているところもあります。

 

住宅型は、食事などの生活サービスのみ提供される点では健康型と同じです。
介護が必要になった場合には、基本的には自宅にいる人と同じ扱いとなるため、
要介護認定を受け、外部の事業者の訪間介護サービスなどを個人契約で利用します。

 

通常、ケアマネジャーへのケアプラン作成依頼や事業者の選択は入居者自身が行います。

 

施設によっては、介護が必要になった際には提携している
介護つき有料老人ホームに住み替えるシステムとなっていることもあります。

 

もっとも、実際のところは、住宅型の老人ホームのほとんどの施設が併設で訪問介護サービスなどを運営しています。

 

介護つきの有料老人ホームでは、退去しない限り、終身の介護を受けることができます。

 

「介護つき」と称している施設は、人員・設備・運営に関する一定の基準を満たし、
都道府県から特定施設入居者生活介護事業者の指定を受けた施設です。

 

ただ、定員が29名以下の場合、地域密着型特定施設として市区町村から指定を受けることになります。
介護つき(一般型)では、施設内のスタッフによる介護が提供されます。

 

一方、介護つき(外部サービス委託型)では、外部の事業者の訪問介護サービスを受けることになります。
日常の安否確認や、ケアプランの作成は、介護つきホームのスタッフが行います。

 

住宅型の場合とは異なり、個人で外部の事業者と契約する必要はなく、
介護つきホームの事業者から委託された事業者のサービスを受けることになります。
利用料は、介護つきホームに支払います。

 

同じ「介護つき」であっても、介護を自室で受けるのか、部屋を移動して受けるのかなど、
細かいシステムは施設によって異なるのでよく確認する必要があるでしょう。

 

施設の種類

行われるサービス

入居対象者

特別養護老人ホーム 終身介護も念頭におき、入浴・排泄・食事等日常の世話や、健康管理・機能訓練・療養上の世話が行われる 65歳以上の要介護者(症状が重度の人が優先される
介護老人保険施設 病状の安定している要介護者に対して、介護・看護・り八ビリテーションを行う 要介護1以上で在宅での生活が困難な65歳以上の人
認知症高齢者グループホーム 5〜 9人の認知症高齢者に対して生活上の世話とレクリエーションを提供する施設 要支援2以上の人と要介護者
有料老人ホーム 社会福祉団体や民間企業によつて運営されている高齢者への食事の提供や日常生活の支援をする施設 ホームことに「60歳以上」「65歳以上」といった定めがある

 

参考図書